忍者ブログ
主に乙女ゲーのことを語る予定です
| Admin | Res |
<< 05  2020/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
        
   
[PR]
2020.06.03 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「AMNESIA LATER」


(クリックすると大きくなりますので是非。いつもお世話になっております、黒い白馬様より。)

↑見る時は各自首を捻ってくださいw





この作品の感想は一つにまとめておこうと思います。

カテゴリーもアムネシアの中に入れておこう。

というか、アムネシア無印の感想も中途半端だし・・・

なんか、無印終わってすぐにレイターもやり始めてしまったので、中途半端なんですよね。

申し訳ないです、本当に。

それに、単純にアムネシアって感想書きづらいよね。あはは。<ごまかしていこう



このFD、ボリュームないから一日でも終わる、みたいな情報を得てたんですが、

なんでこんなに時間かかってるんだ・・・?

多分、私は一日に摂取できる糖分が限られているみたいです。

「今日はもうこれ以上無理!・・・寝るか。」みたいな感じでしたからw

一日一ルートでも精一杯ですよ。



以下、ごちゃごちゃまぜまぜな感想を下に隠します。

ネタバレ注意ですー

あと、一部キャラについて無駄に長く語ってます、注意。

書いてみたらかなり長くなりました、すいません。


拍手[1回]

PR
         
「AMNESIA」




トーマさん・・・

トーマさんのことを書きたくてしようがないんですが、なんと書けばいいのか。

とにかく書いてみる。

(以下、ネタバレ含むと思われますので注意です。スチルバレもありますし・・・

あとトーマさんへの気持ち悪い愛をくどくど語っておりますので注意です。)

拍手[0回]

         
「AMNESIA」




攻略順は選択肢の上から順でやっております。

シン→イッキ→ケント

と攻略終了。

とにかく、トーマさんにwktkが止まらないです。

なので後に置いてますが、逆に失敗だったか・・・

不安もありますね。

ヤンデレがそんなに得意ではないのに後に回してしまった・・・(好きなものは後に残す方なので)

でもトーマさんはやっぱり期待せざるをえないですよね。

日野さんのお兄ちゃんな声が良すぎるし、シンルートではかなり活躍してたし、

どのルートでも素敵だし・・・!

何と言っても見た目は一番好きだし!




三人攻略したのに感想書ける気がしません。

このゲーム、面白いんですが感想書くのは難しいです。

とにかく、ケントさんルートやっててもイッキさんとの絡みが楽しかった!

この二人の組合せはかなりいいですね。



とりあえずこれからトーマさんに行って、隠し行って、できたらもう一回イッキさんルートだけやって終わりたいです
(イッキさん贔屓w)

久しぶりのきーやんボイスはやっぱりたまりませんです。ぐふふ

あ、「LATER」も買わないと!

だってイッキさんとルームシェアした後ですよね!?うはは(´∀`)はは! <壊れた





フリーゲームも一本プレイ中だったのにアムネシアやり始めてしまって中途半端に放置してるんで、

アムネシア終わったらまずそちらを終わらせて、それからレイターかな・・・

今んとこ発売日が近いもので気になるのはレイターと、ひとふた奇譚と、エルクローネのアトリエとでしょうか。

どれも評価待ちしてから検討して買いますが。

発売日に特攻して失敗した経験がやはりトラウマに・・・<某魔恋さんとかwww

あとは、ちょっと先になりますが、期待しているのは澪の「倭人異聞録 あさき、ゆめみし」ですよね。

祝☆澪復活ということで、イチ澪ファンとしては見守っていきたいところ。

ただ、霖たんと安綱さんと里長がいないんだよね・・・寂しすぎる(T△T)

ちょい役ででもいいから出てほしいなぁ・・・壱人さんもねw





話が脱線してしまいました。

アムネシア、プレイしてきますノシ




【画像:黒い白馬様より】

拍手[0回]


「AMNESIA」

※こちらの記事はアムネシアをプレイして主にツッコみたい点があると随時更新される記事です。

攻略・感想記事ではありません。

このゲームは独特のシステム、設定ですので、感想記事ではそちらの話に終始しがちになります。

おちおちツッコミも入れられないので、こちらに別枠で記事を置いておきます。

ちょっとネタバレも含むと思いますので、プレイ後に読んで下さい。






一周目【シン編】

・和服なメイド服ってあるのか。
男性陣は普通に洋装だから余計におかしい。
というか、男性陣も一人一人違うデザインだし・・・すごいな。

・これなんて「かまいたちの夜」?
バッドエンドがそのまんま「かまいたちの夜」(※1。
真理に刺されるぉ・・・!
というか、長野のペンション(笑)
そして選択肢で名前指名するとかwwwww吹くわ。
プレイ中違う意味でテンションあがってましたね。
オーナー・・・私の中で彼の名前は「小林さん」で決定である。

・ペンション編でのBGMの怖さが異常

・ウキョウさんとリカ様の怖さ。トーマのじわじわくる怖さ。

・その服、どうやって着脱してるんですか?>男性攻略キャラ達




二周目【イッキ編】

・イッキさん、その能力なんて「金城武のピックアップ・アーティスト(※2」?
実写なら金城武のイメージだな。

・「客は、敵だ!」吹いた

・風邪引いた主人公の部屋に来た仮面イッキ・・・・!!!
この人本当はかなりおバカなのでは??
しかし、それが主人公を愛するが故だと思えば萌えざるをえない!
あのトーマさんもひいてたよw

・イッキじゃなくてイッキュウでした。
実はシンルートやってる時も、イッキルート入った直後もずっと頭の中でつっこんでいたこと。
『この人って・・・イッキなの?イッキュウなの??そこんとこはっきりしてくれないか??』
だってさ、普通に考えたらイッキュウがあだ名だろうなーと思うじゃない?
本名がイッキ⇒一休さんw的なあだ名かなと。
でもさ、主人公の携帯に登録されてる名前は「イッキュウさん」なわけで。
でもケント以外の皆からはイッキって呼ばれてるしね。
結局イッキュウって、漢字ではどう書くんでしょうね?さすがにカタカナってことはないだろうしね。
一級、一休、一球、逸宮・・・
・・・とまあどうでもいいツッコミです。

しかしなぜ攻略キャラの名前がイッキュウ・・・そのセンス、解せぬ。




四周目【トーマ編】

・なぜか本気を出すイッキFC自重しろwwwww
怖い。本当だったら怖すぎる。
トーマルートでまさかの本気。
このことを思えばイッキルートはまだ手ぬるかったんだと分かって余計に怖い・・・
 



五周目【ウキョウ編】

・素朴な疑問(以下ネタバレですよ!)
ウキョウさんはパラレルな世界をいくつも渡り歩いているみたいですが
移動しているウキョウさんとは別に、それぞれの世界のウキョウさんは一体どうなってるの・・・??っていう。
もしかして・・・精神体なんですかね?w
それか寄生生物的な・・・www
ウキョウさんってもはや正体が何だとしても受け入れられる気がするし。<ひでええw
そんな疑問ははるか3のリズ先生にも共通してますが・・・


・ウキョウさんルートと私の間の偶然
ウキョウさんと主人公が春、3月に神戸の異人館の北野坂で出会った(?)という設定。
ウキョウルートやったのは4月の初めで、その数日前の3月29日に私は神戸の異人館に日帰り旅行してきていたんですよ。
で、もちろん風見鶏の館と萌黄の館の辺りも行ったし写真も撮ったし。
数日後にウキョウさんルートで完全に同じシチュエーションで主人公と出会っていたのを見てさすがにビックリ。
ウキョウさんが風見鶏の館と萌黄の館をバックに立っているスチル、本当に素敵ですね。
しかも同じ3月なんですけど!!何この偶然。


・更にどうでもいい謎。
ウキョウさん、風見鶏の館に昔住んでいた(?)的なこと言ってましたよね・・・
祖父の家だったとか・・・だったかな?
確かあの館って、外国の豪商が建てた建物で、結構前に市の所有になってたような。
一応中にも入って解説読んだんですけどね。
阪神大震災よりも結構前から市のものになってた気がする。
で、ちょっと調べてみたんですが、風見鶏の館は学校として使われていたらしいです。あれれ??
あと、萌黄の館の方は1978年まで神戸電鉄の社長が住んでいたらしいです。
ということは、ウキョウさんの祖父は神戸電鉄の社長さんで、祖父の家というのは萌黄の館の方だったのかな??
それとも、ただ写真撮ってたのが風見鶏の館と萌黄の館の前だっただけで、実は全然関係ないとか??

ほんと、ウキョウさんに関しては謎ばかりだ・・・

 

※1)かまいたちの夜

チュンソフトのサウンドノベル第二弾。
信州のペンションを舞台に、殺人事件に巻き込まれていく主人公透と真理のカップルの物語。神ゲー。
一周目に迎えるバッドエンドがとにかく怖くて印象に残るのだが、
アムネシアのシンルートのバッドはまさにそのバッドと一緒である。
真っ赤な画面怖いよぉ(T△T)
それだけでなく、選択肢や設定も結構似ている。
オーナーがダンディなのも色々裏設定がありそうなのも、きっと偶然ではないはずだ。
ケントとイッキが偶然泊まり合わせた宿泊客なのも妙にツボだった。

ちなみに「かまいたちの夜2」は全く別物のクソゲーだったという記憶がある。




※2)金城武のピックアップ・アーティスト

このサイトに来られる方々が「この言葉を初めて聞いた」人100%である事を願います。
「金城武のピックアップ・アーティスト」は1990年代の台湾映画のタイトルです。
香港映画だと思ってたら台湾映画でした。(どうでもいいよね)
内容はラブコメディでよく覚えていませんが、とにかく金城武が主演で二役でした。
人気芸能人「金城武(※当人です)」役と、主人公の金持ちのボンボンの役と。
知らないし、どうでもいいと思いますが、当時は金城武は台湾で大人気のアイドルだったんですよ。
その後香港、日本へと活躍が広がっていきましたが。
で、劇中での「金城武」がアムネシアのイッキと同じ特殊能力持ちだったという・・・wwwww

こちらが貴重な参考画像↓



目から怪光線wwwww

女性がどんどん悩殺されていくという設定だったような・・・。



ゲームプレイしつつ、イッキもグラサンかけて遮光しないとビーム出てるんだろうなー・・・と解釈しておりました。
「イッキって金城武なんだ・・・」そんな第一印象だった・・・




≪随時更新する予定ですが更新するかどうかも未定です。≫

拍手[3回]

「AMNESIA」



すいません、いきなり取り乱してますけど・・・!

えーとですね、乙女ゲー的な巷ではすでにLATERが発売され、LATERの人気イベント投票とかもしてたりするらしい昨今。

今頃になって「AMNESIA」プレイ開始してました。



で、なんと。

イッキに二人攻略してしまいました、シンとイッキさんですよ。<すいません、かけてます、すいません。




タイトルの通りなんですが・・・




イッキさんマジぱねえっす!!!(´∀`)ハアハア




あ、シンも攻略しましたが、続くイッキさんに上書き保存されたようです ナムナム(゜人゜)チーン

すまん、シン・・・

君は個人的にキャラ萌えがなかったんだ。シナリオは面白かったんだよ、シナリオは!<無駄なフォロー乙


ということで、初回プレイ感想を冷静に書けないことをまずお詫びします。

とりあえず、

イッキさんシナリオに出会えただけで、このゲームを買う価値はあった。


まだ他に三人攻略できるようです、もちろん楽しみすぎる。




以前どこかで、私が乙女ゲーで一番評価しているシナリオは「三国恋戦記」の孟徳さんルートだと書いておりましたが、

次点で「AMNESIA」のイッキさんルート入りましたー!

イッキさんルートを終えて、そこはかとなく孟徳さんを思い出しました。

いや、二人は全然似てませんけどもね。

両ルートを未プレイの方にはさっぱり分からない話で申し訳ないですが、

イッキさんルートの最後の数日間は孟徳さんルートの最後の方のイベントに少し似た感覚だと思いました。
(こんな風に思ったのは私だけだろうか・・・)

どちらも相手に対してずっと自分を偽ってきた主人公が、ついに相手の真意を知りますが・・・

そこまでの展開と、そこからの展開がどちらも神でした。

これぞ面白い!と思えるシナリオの妙です。

このままイッキさんルートの感想になってしまいそうなのでこの辺にしておいて、

とりあえず初回プレイ(二周してますが)の感想を下に・・・↓

できるだけネタバレしないように書いております。ちょっとネタバレしてますが・・・



あ、どうでもいいのでここに書いておきます。

メイドカフェのメイド衣装で和風なのってあるの!?

誰か知ってたら教えて下さい。
<どうしても言いたかったらしい。










拍手[0回]

         
    HOME    
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/28 waki]
[06/28 あとむ]
[06/13 waki]
[06/13 さくち]
[06/12 waki]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
waki
性別:
女性
自己紹介:
マイブームは乙女ゲー
ニコ動は長年お世話になっている心の友です
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ

Powered by Ninja Blog    Photo by Rain drop    Template by TKTK-blog
Copyright (c)さるすべり All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]