忍者ブログ
主に乙女ゲーのことを語る予定です
| Admin | Res |
<< 05  2020/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[224]  [225]  [222]  [223]  [221]  [220]  [219]  [217]  [218]  [216
        
   
[PR]
2020.06.03 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




「エルクローネのアトリエ」



プレイを終えてから大分経っていますが忘れていたわけではない!

ただ書く気分が乗らなかったから!

と、言い訳をしてからスタートです。



【ひとこと総評】
ポポットかわいいよポポット
~大きなポポット添え~


【総評に関してコメント】
このゲームに関して言いたい事は色々とありますが、結局この一言に尽きる。

このゲーム、プレイしていて毎回ぼそっとつぶやいてしまう言葉がある。

「ポポットかわいいなぁ・・・!ドゥフフ・・・」 <き〇い

結局このゲームはポポットゲーなのだと思います。

ポポットにどれだけハマれるか、ポポットが気に入らなかったらもうこのゲームの魅力は半減です。<マジデ

了。



まったくまとめる気のない総評っすねw

で、あとは思うが侭このゲームについてずばっと書いちゃいます。

プレイ済みの者のまとめなので、未プレイの人を配慮しておりません。

あまり上手くまとめる気はありませんので注意です。

もちろんネタバレありますので注意です。

(つっこみメインになってるので、エルクローネが大好きな方は注意)





意外や意外。かなり異端な乙女ゲーだったと思う。



ファンタジックで平凡、というか既存のものとさして大差のないように見えるキャラクターたち。

そして乙女ゲー大手のオトメイト製。

(同じ会社から出ているワンドオブフォーチュンに似た世界観でもあり、むしろかぶってるよね、と思っていた)

声優も一般的であり豪華でもあり。

絵も普通に可愛らしい系。

発売前に出ていた情報だと、そんな印象を受けていた。



プレイ前はそれほど異色には思わなかったが、プレイし終わってみるとかなり個性的なゲームだったと思う。



そこはやはり、アトリエシリーズのガストが制作しているからだと思う。

オトメイトなのに、異色に感じたのはその辺りだと思われ。

どの辺りが異色かというと・・・

☆微糖
今まで、様々なブログや密林レビューなどで乙女ゲーを評する際に「微糖」という言葉がよく聞かれます。

しかし、もともとそんなに甘いのが得意ではない私からすれば、そういう表現を見ても「微糖?十分甘いぞ。」という感想でした。

そんな私でも、このエルクローネのアトリエは・・・

微糖である!(どーん)

・・・と思います。

これまで色々プレイしてきましたが、今までで一番微糖かもしれない、と思いました。

というか、「微糖」という言葉が相応しいと思いました。

メインのラルフも、甘いというには程遠いイベントばかりでしたし、クレメンス、シュテファン、ヨハン、アレク・・・あのエルハルトでさえも、

皆微糖だった。

甘い!と転がれるようなイベントは無かったと思う。

エピローグで取ってつけたようにラブいイベントを入れていたが、その辺りはすでに「はいはい」といった感じだった。
<それでいいのか・・・w

だが、それがいい!

甘さだけではない、良さが確かにありました。

そういうのが好きな方は是非一度プレイしてほしいです。



☆依頼イベントの多彩さと、脇キャラや街全体の雰囲気の魅力! 
<その影で泣く攻略キャラたちw

アトリエシリーズを未プレイだから感じたのだと思いますが、

これほど攻略キャラ以外と絡むイベントをモリモリ入れてる乙女ゲーはないと思います。

内容もほのぼのしていて、日常的なちょっと笑えて微笑ましいイベントの数々。

そこがアトリエシリーズの魅力であると感じました。

そしてその点は成功していました。

あとは私には全く分かりませんが、「ポポットのあおいわっかっかシナリオ」への力の入れ方が異常。

ガストさん的にはあそこをとにかくメインに書きたかったのだろうなと思いました。

逆にそれらのせいで、乙女ゲー的に重要な攻略キャラとのイベントが大変分かりにくくなってしまっています。

とにかくやりたいことが多すぎて消化不良になってしまった感が・・・

特に攻略キャラのシナリオとあおいわっかっかのシナリオが同時進行するので、どちらも終盤の消化不良感がすごかった。




で、どのルートも同じような感じなのかというとそうでもなかった。

ここで、全てを終えた今だから思う、各ルートの印象を書いてみる。
基本的につっこみメインなのはご容赦いただきたい。

・ラルフ
一番初めに攻略したためにポポットルートかと勘違いされた哀れな男。
しかし、最後までプレイしてみて、彼のルートが一番良かった気がする。
なんと言っても、メリーとラルフの組み合わせが一番しっくりきたし、ラルフルートだけはメリーが自分の思うことをどんどん言っていて気持ちよかった。
二人の真摯なやり取りには甘さとかではない燃え/萌えがあった。
メリーの感情の動きや告白の場面にも萌えた。
そして、彼の一番の長所は、ご両親が素敵な事である。
彼の家に嫁に行きたいと最初から最後まで思っていた(今も思っている)
ラルフがあの宿屋兼食堂を継がないということにガッカリだぜ・・・

ツンデレな前野さんって、ベタだよね・・・と買う前に思っていたことは認めます。
しかし、プレイしてみるとめっちゃ良かった・・・!ベタ最高!!と思ったw
前野さんのラルフの演技、是非聞いて欲しいです。



・エルハルト
ポポットのあおいわっかっかルートと平行して彼固有の騎士団シナリオが進むため、かなり複雑な印象。
あんなにエアーな男なのにシナリオがかなり複雑で、正直言って「分かりにくいんじゃー!」となった。
しかし、なんと言っても騎士団の和気あいあいとしたやりとりが面白くて大好き。
お約束なディルクやベイジルとのやり取りに、毎度楽しませてもらった。
あと、ヨハンとのライバルイベントも楽しかった。
エルハルトといえばエロハルトですが、女性とのおつきあいの仕方も意外で、どんどん手を出すというよりはどの女性とも軽く仲よくしている感じだった。
つまりは、浅く広くの軽いお付き合い。
そんな軽い調子の彼が、全くアウトオブ眼中のメリーさんに段々はまっていく様子はぶっちゃけ分かりにくく、正直言って色々もったいないルートだった。

つまり、シナリオも分かりにくいし、恋愛も分かりにくい。意外と厄介で分かりにくい男だった。
だからかエンド2で、騎士団や街の皆の前ではっきり告白してくれるエルハルトが一番グッと来たな。

言うまでもないが、三木さんの演技は最高でした。


・クレメンス
プロローグでの扱いが酷すぎる攻略対象。
遊佐さんが声を当てているという点以外は、攻略キャラとは思えない人。
そして他人のルートで輝く男。
彼自身のルートでは彼は私の好みではなかった。
やはり他のルートのクレメンスが好きだ。
彼はプロローグでの印象はひどかった分、プレイ中にだんだん良く見えてくるという不思議な現象があった。
彼は恋愛というよりも、やっぱりオズワルド先生やポポットやラルフらとわいわいやってるイベントが楽しい。
シナリオはポポットのあおいわっかっかルートと一部被ってくるところもありつつ(錬金術とか黒の学会とかね)、微妙に違ってもいたので分かりにくかった。
結局あのブルーホール(だったっけ?)って何だったの??
結局彼個人のルートの印象は薄い。
ただ、これほどの変人に恋をさせるメリーさんは凄いと思った。

遊佐さんは大変楽しそうに演じているように思った。
特に咳き込む演技がリアルすぎてワロタwww

・シュテファン
個人的にはダークホースだった。
全く期待していなかったのが、意外と面白くてツボだった。
彼個人のシナリオが、ポポットのあおいわっかっかルートと一番リンクしていたからだと思う。
黒の学会や錬金術、シュテファンのお姉さんとクレメンス、オズワルドの関係などなど、大変面白かった。
さらに、ポポットとの掛け合いが大変楽しかったので、全体的に評価が高い。
個人的にヴィンスシュタインに向かう馬車の中でのポポットとシュテファンとメリーのやりとりがツボだった。
シュテファンのキャラも、頑なにツンなので辛かったが、あまりにも180度違うデレにむしろ感服した。
ツンどころか、ポポットの前で真剣に結婚を前提に交際を申し込むシュテファンに感動さえした。
立花さんのツン演技には泣かされつつも、やっぱりいい声優さんだと思った。
エピローグはどちらも好きで、特にエンド2の時計台の上でバイオリンを弾いてくれるエンドが好きだな~。

・アレクセイ
最初からメリーラブなのがいただけなかったショタ枠。
歳下好きの私がハマれなかった。
個人的にアレクセイには萌えられなかった・・・好きな人には申し訳ない。
メリーを好きになる過程が無く、最初から普通にデートに誘ってくるのが残念。
彼は実は王子なので、庶民のメリーとは身分差があるところをポイントに持ってくればもっと面白かったかもしれない。
彼のシナリオはヴィンスシュタインの王子で「王の試練」のためにエルクローネに来ていたというもの。
その話と、ポポットのあおいわっかっかシナリオが噛み合っていなかったので、余計に微妙な雰囲気が流れた(私の中で)
他のルートでもそうだが彼のルートは特にご都合展開過ぎて萎えた。
とりあえず王子と庶民なんだから何もなしに結婚は無理じゃないんすか!?

・ヨハン
惜しい、勿体無いという印象。何がって森川さんがですよ。<本気
色々と風呂敷を広げすぎて結局シナリオ崩壊していたルート。
エルハルトもそうだと思ったが、ヨハンルートは投げっぱなし感がもっとすごかった。
ポポットのあおいわっかっかシナリオとは全く違う内容の個別シナリオだったこともさらに分かりにくさを助長していた。
結局ヨハンさんって・・・何者だったのですか(笑)
正直言って私には全く分かりませんでしたが(笑)
とりあえずヨハン(仮)なんですよね?本名は??年齢は?出身地や生い立ちは??
結局彼のことが全く分からないまま終了ーーー

彼個別のシナリオは終始「雰囲気で分かれ」って感じでしたよね。スチルとかでさ。
スチルは力入ってたもんねw
せめて日常の依頼イベントでもう少し彼のことを知ることができたらよかったのに・・・
ヨハンの依頼イベント何とかしてくれよ、結構無駄な内容に思えたよw踊るほうきとかさ。<いまさらw

個人的に一番期待していた分、「勿体無いなー」という印象が強い。
森川さんなんだから期待せざるを得ないんですよ。もうちょっとシナリオ何とかならんかったん・・・?



以上、最後だからこそ辛口レビュー書いてみた(笑)

制作側が、本当に色んなことを伝えたいと思っているのは分かるんだけど、盛りすぎて分かり辛くなっちゃった感がね・・・

これだけ盛りすぎてるのにまだまだ物足りないと思えるってことは、それだけ好きなんですよ。

好きだし気に入ってるからこそ、もっと知りたいと思えるので。

この作品が魅力的であることはすでにいっぱい書いてきたので、今回は逆に辛めに書きました。

最後に、100%無理だと分かってますが、もっとアカデミーとか女の子とのイベント増やして欲しかった(笑)

ハイディとかカヤ、マルセルともっと戯れたかった~www



最後にオトメイトに一言。

FDよりも、「エルクローネのアトリエの全て」みたいなムック本出して欲しいっす!

それなら買います!

特集1 エルクローネとその周辺の国の世界情勢

特集2 黒の学会を徹底解剖!

特集3 古代王国の変遷と現代までの歴史

特集4 妖精と精霊界について

特集5 錬金術体系~ジャムタルトからホムンクルスまでを総まとめ♪~

とりあえず、図と写真を多めでwお願いしますオトメイト様<(_ _)>



拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/28 waki]
[06/28 あとむ]
[06/13 waki]
[06/13 さくち]
[06/12 waki]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
waki
性別:
女性
自己紹介:
マイブームは乙女ゲー
ニコ動は長年お世話になっている心の友です
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ

Powered by Ninja Blog    Photo by Rain drop    Template by TKTK-blog
Copyright (c)さるすべり All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]